ワキガ対策ナビ - セルフチェックで分かる原因と治療法とは?TOP > 基礎知識 > 遺伝との関係

遺伝との関係

 

ワキガの原因として、遺伝ということが挙げられています。

 

実際、両親がいずれもワキガの人の間に生まれた子供というのは、約8割の確率でワキガになると言われています。

もしも片親だけがワキガだったとしても、それでも50%の確率で子供に遺伝すると言われています。

 

ワキガが遺伝しやすい原因としては、常染色体優性遺伝というメカニズムがあるとされています。

 

常染色体優性遺伝というのは、両親の特徴的な体質といったものが子供に遺伝しやすいことを言います。

 

例えば、両親が二重まぶたの場合には、かなりの確率で子供も二重まぶたになります。

 

二重まぶたもまた、常染色体優性遺伝の一種とみられているからです。

 

また、ワキガの原因として、汗腺の中にあるアポクリン腺が挙げられます。

 

このアポクリン腺については、個人によって活動量やアポクリン腺の太さが変わってくると言いますが、両親の遺伝情報が大きく影響すると考えられていますね。

 

この面から見ても、ワキガは遺伝によって影響を受けるということが言えるわけです。

 

もし両親がワキガの場合には、多少やっかいなところがあります。

 

もともとワキガの環境で育つわけなので、ワキガの匂いというものを自覚せずに成長してしまう可能性が高いという事です。

 

よって、自分がワキガになっていても、その臭いに対する自覚が欠如している可能性が高いために、なかなか自分がワキガであると気付きづらくなってしまうところがあるようですね。

 

あなたの場合はいかがでしょうか。

 

基礎知識記事一覧

多汗症との関係

汗を異常にかくことで悩んでいる人はいますよね。汗を異常にかく人のことを、多汗症という風に呼ぶことがあります。そして、多汗症の人はワキガになりやすいとよく言われること...

遺伝との関係

ワキガの原因として、遺伝ということが挙げられています。実際、両親がいずれもワキガの人の間に生まれた子供というのは、約8割の確率でワキガになると言われています。もしも...

治療法について

ワキガに悩んでいる人はたくさんいると思われます。しかし、なかなかワキガであるということを大っぴらにすることは、勇気がいる事かもしれませんね。ですが、一人で悩んでいて...

対策法について

今やワキガは、専門のクリニックに行けば治療することができる事が広く知られています。ですが、病院に行って本格的なワキガ治療をしなくても、自分でワキガ対策をすることも可能です。...