フラット35を受けるには適合証明が必要です

フラット35適合証明は、フラット35が優良住宅の普及の観点から施行されているという事から来ています。
フラット35の基準に適合しているか専門機関による検査を受け、適合証明書を受けることが必要です。
特にフラット35Sでは、金利が優遇されますが審査の基準が難しくなっています。
省エネルギーに優れている、耐久性可変性に優れている、耐震性に優れている、バリアフリー性に優れているといった項目をクリアする必要があります。
フラット35よりも0.
6%金利が優遇されますから、工事費用がやや高くなってもよりよい住宅を計画するのは悪くないと感じます。
適合証明が出来る機関は、フラット35のホームページから探すことが出来ます。
適合証明を融資申し込み金融機関に提出します。