住宅ローンの繰り上げ返済に潜む落とし穴とは?

住宅を購入する場合、一般的にはローンを利用することになります。
住宅ローンは高額になるために、長い年月をかけて返済していくことになり途中で挫折してしまうのではという不安が付きまとってしまいます。
そのために当初に計画していた額よりも多めに返済して利息を軽減したり、期間を短縮しようとする方がいます。
いわゆる繰り上げ返済といわれるものです。
これは住宅ローンに限らずさまざまな種類のローンで行われている行為であり、先ほども述べたように利息軽減や期間短縮のメリットがあります。
ある程度お金がたまったら返すというように何度も繰り上げ返済繰り返してしまう人もいるようですが、実はここに落とし穴があるのです。
貯金をすべてローン返済にまわしてしまうという落とし穴があります。
貯金をローン返済にまわすと急な出費に対応できなくなり、生活が苦しくなってしまいます。
繰り上げ返済の効果は魅力的ではありますが、あくまでも余剰資金で行うようにしなくてはいけないのです。
他に借金あると住宅ローン審査通らない?