総量規制後の今後の見通しが気になる?本当に必要なのか?

自民党の肝いりで消費者金融の規制緩和が話題になっています。
しかし、この規制緩和が本当に利用者の役に立つかどうかは疑問です。
まず、対象になるのは必ずしもすべての消費者金融ではなく、金融庁が優良と認めた消費者金融に限られます。
つまり、政府の意向がかなり入り込むということになります。
また、総量規制の撤廃と上限金利の見直しがセットになっていますが、優良顧客に対しては融資限度額を上げるだけで、金利が29.
2%にあがることはありません。
この上限金利の見直しで割を食うのは、現在20%付近の金利を適用されている「不良」顧客の方々です。
信用力が低いため、最大限度の金利が適用されているわけですから、上限金利が29.
2%に上がることで、半自動的に金利が上がるはずです。
総量規制後の今後の見通し