資格を取るきっかけとは?

ある時、介護の仕事をしている友人からこう言われました。
「きみには、介護の仕事が合っている。
」当時は、受付事務の仕事をしていて、介護の仕事など全く興味もなかった時でした。
しかしその後、父親が病に倒れてしまい、看護をしていく中で何かを感じ始めていました。
看護から、わずか三か月で他界した父親に、申し訳なさと後悔でいっぱいになり、資格もなにもない状態からヘルパー2級を取得し、宅老所で働き始めました。
初めての仕事で、最初はストレスでくじけそうになりましたが、利用者様の「ありがとう」の一言で、仕事への力となり、こんな自分でも誰かの役に立てるという、気持ちが強くなりました。
そして、この仕事の大変さと面白さを学んでいく中で、介護福祉士という資格があることを知り、必死に勉強しながら、知識を取り入れ、利用者様に生かせていただきました。
友人の予言のような言葉も、この道に入った一つのきっかけだったように今は、思います。
介護福祉士通信講座比較ランキングまとめ【合格するコツとは?】